映画、本、ライブレビューetc

映画「グリーンブック」ネタばれなし|観る前に知っておくと、より楽しめることなんかも書いてみました

映画「グリーンブック」*ネタばれほぼなし 感想・レビュー・口コミ

観てきました|映画「グリーンブック」
/重いテーマでも爽快な後味 |感想・レビュー・口コミ

映画 グリーンブック レビュー・感想・口コミ

今、Don ShirleyのピアノをAmazon Music
聴きながらこの記事を書いています。(ミーハー)

 

幸せだなぁ。。。。。

映画「グリーンブック」
観てきました。

 

いい映画です。

 

人種差別問題が大きなテーマになるので
どうしても重くなりがちなはずなんですが、、

はっきり行って
映画館を出る足取りは、入る前より軽かったですね!

考えるところももちろん多々ありますが、
これは、1人でも恋人同士、友達同士などでも楽しめるかと〜

オススメできます!、、当たり前か笑

映画グリーンブック

基本、映画や本を観る前、読む前に
情報をあんまり入れたくないタチなので
基本ネタバレはほぼないです(基本ね!)

映画「グリーンブック」とは|レビュー


本年度アカデミー賞

「作品賞」「助演男優賞」「脚本賞」を受賞している

映画「グリーンブック」
公式サイト:https://gaga.ne.jp/greenbook

黒人天才ピアニスト Don Shirley(ドンシャーリー)と
一癖も二癖もある用心棒のトニー・リップの物語、、実話です
これ以上のあらすじは知らなくていいんじゃないかしらっ

観ようかなー、
とお考えの方も多いと思います!

早速観てきたので簡単ながらレビューを書いていますが

多分観る前に知ってた方が楽しめるだろうなぁ

を、超お節介ながらも書いておきますので
どなたかの参考になればと!

 

より楽しむために知っておくとだいぶ良いこと2つ
/映画「グリーンブック」の”グリーンブック”とは?
ジムグロウ法とは?

これからご覧になる方に
ネタバレはしないんですが、

もし知らなければ
事前に知っておいた方が
きっと、より楽しめることを書いておきますね

・タイトルにもなっている”グリーンブック”

・そして”ジム・クロウ法”

について、

ハァッ?知ってるわ!

な、方は失礼しました笑

もし知らない場合は
知ってから観た方が楽しめると思います。多分。

僕はうっすらとしか覚えてなかったので(世界史苦手でした)
もっとちゃんと理解してたら、さらに楽しめたなぁと思ったので

映画のタイトルにもなっているグリーンブックとは?

 

この作品のタイトルになっている「グリーンブック」とは?

グリーンブック:

1936年から1966年までヴィクター・H・グリーンにより毎年出版された
黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック。
ジム・クロウ法の適用が郡や州によって異なる南部で特に重宝された。

公式サイトより引用

要するに、
黒人はトイレやレストランはもちろんのこと
様々なところで”合法的に”差別されてきたこと”の一端でもあります。

ジム・クロウ法とは?

ジム・クロウ法:

1876年から1964年にかけて実際に運用されていた
人種差別的内容を含むアメリカ合衆国南部諸州の州法の総称
-wikiとか参照

これを知っていると、
映画の輪郭がかなりはっきりして来るかと思います。

南北戦争の結果、
黒人奴隷制は廃止になった“はず”だったんですが
黒人差別が、黒人取締法などによって黒人分離策に形に変えて
延々続いたわけです。。

 

これが、何百年前の話ではなくて
1960年代という、割と最近の話だということに
改めて僕はびっくりしましたね

結構最近じゃん。。。

 

隔離は差別ではない、という理屈で合法

怖いけど、
この手法日本でも結構あったりするよね

 

観に行く前に背景がわかっていると
より一歩踏み込んで楽しめるのでは!

ユーモアたっぷり!清々しい気分で映画館を出れました

映画 グリーンブック 爽快感があります

む、、、ここで終わると
重い映画みたいだな。。。。

別に関係者じゃないからいいんですけどねw

 

テーマは重いんですが
2人のやりとりが、とにかくユーモアに溢れまくっていて
実際僕が観にいっていた劇場でも、
しょっちゅう笑い声が溢れてましたね

アメリカが、もちろんなんでもいいわけじゃないんだけど、、

こういったテーマの映画が
大々的に賞を受賞するところが
アメリカの良さだなぁと思います。。日本じゃ無理だもんな

それだけ、差別が根強いんでしょうけど。

知識として知っているだけの日本人の僕の視点とは
まるっきり違うんだろうなぁ、、、

 

「人生は複雑だ」

 

印象に残ったセリフです
内容は劇場で。

おまけ:Don Shirley

ここだけの話、ミュージシャンだけど
ドン・シャーリー聴いたことなかったです。。。恥

そして、
今まさにお昼休み、
ドンシャーリーのピアノを聴きながらこれを書いてます
贅沢な気分でうっとりです。はい。

 

 

そうです、、ミーハーです!!!(ドヤァ)

 

最近は、Spotifyから浮気して
Amazon Music Unlimitedで聴いてます。
Side By Sideが超楽しいんだもん。。。笑

 

読んでくれてありがとうございます!

また書きます

メッセージはぜひ
twitterへ、リプライか
メールyoheinak@gmail.comでお気軽に!

その一つ一つが励みになりますおーらい!

 

アーティストの独占インタビュー「Side By Side」も
楽しめるAmazon Music Unlimited
30日無料(無料期間中解約も可能)

よかったら他の記事もご覧ください

|合わせて読まれている記事
映画 ボヘミアンラプソディ |レビュー | 遅ればせながら観てきました

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です