Beautiful Ordinary Days

8月15日

この日がやってくる度に
優しかった母方の祖父を思い出します

戦争で片足を無くした祖父

いたずらをすると
「ようへいは悪いやっちゃのぉ」
と笑顔で優しかった祖父

わずか62歳で亡くなりました。

当時4歳の僕には
死がどんなものなのかよくわかっていなかったけれど
とにかく悲しくて寂しくて泣きました

もっと長生きしたかっただろうし
長生きして欲しかった

責任感の強かった祖父は
敗戦を知った時
責任を取って自決する気だったそうです

それを、日本の復興のために尽くそう
という周りの説得で日本に帰国して

それから母が産まれたそうです

その未来に僕はいる

生まれつきの平和が
当たり前ではないことを想う日です

そして感謝を。

じいやん、ありがとう

2018.8.15

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です